先輩からのメッセージ

患者さん一人ひとりの状態を的確に
判断できる
上司や先輩の存在が頼りになり、
励みにもなる。

理学療法士 財前 暁

2015年入職
祖母の股関節手術後をきっかけに、リハビリテーションの必要性を感じ、「自分も助けになりたい」と思ったのが理学療法士を志すきっかけとなる。高校卒業後、九州栄養福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科に入学し、理学療法士の資格を取得。新卒で当院へ入職し、現在に至る。

様な疾患に対応する当院なら希望が叶う、と思った。

理学療法士としていろんなことを学べて、上も目指せる。そう感じられたのが、当院へ入職する決め手になりました。大学で資格取得を目指して学ぶ中で、一つの疾患を専門にするのではなく、多様な疾患のリハビリ患者を担当できるようになりたい、と感じるようになりました。その想いを教授に伝えたところ、当院を紹介され、見学する機会を得ました。当院はさまざまな患者さんの疾患に対応しており、自分が希望している環境があると感じられました。またリハビリ部門のスタッフの明るさも、私の決断の後押しになったように思います。2015年から当院で働いていますが、その決断は間違いではなかったと自負しています。現在はその明るい雰囲気のメンバーと切磋琢磨しながら、研鑽を積んでいます。

 

患者さん一人ひとりに最適なリハビリを提案する。


当院のリハビリ部門は、外来と入院の双方の患者さんに対応しています。スタッフも原則として外来・入院の両方を担当しますが、スタッフ毎に「どちらかというと外来がメイン」「入院がメイン」という傾向はあります。私は入院の患者さん対応がメインになっていますが、そういった患者さんに施すリハビリの主な目的は「社会復帰」となります。一方で外来の患者さんはすでに退院して社会復帰を果たしている方々なので、身体機能をどれだけ元の状態まで高められるか、が主目的。そういった患者さん一人ひとりの状況を判断した上で、最も効果的なリハビリを提案することが私たちの役割です。また患者さんの病状によってリハビリに費やせる時間も違うので、細心の注意を払う必要があります。

 

嬉しい瞬間を増やせるよう、もっと成長したい。 


退院された患者さんやそのご家族に会う機会に恵まれた時には、怪我の状態など気になっていたことをうかがいます。すると「退院時はこれくらいしか動けなかったけど、今はこれくらい動けるようになった」と嬉しい報告をいただくこともあります。自分のことを覚えていてくれて、笑顔で感謝の言葉をかけていただけるのは嬉しいですし、やりがいにもつながっています。そしてそれは「自分の提案したリハビリは間違っていなかった」と、ホッとする瞬間でもあります。そんな嬉しい瞬間に遭遇する機会を増やすことが、当院の目指す「地域に求められる病院」に近づく一助になると信じています。そしてそれが、「理学療法士として今よりもっと成長しよう」というモチベーションにもつながっています。

 

尊敬できる上司や先輩のサポートがあるから安心。


当院のリハビリ部門は現在、理学療法士(PT)9名、作業療法士(OT)4名と言語聴覚士(ST)3名の計16名で構成されています。その中には患者さんの状態を踏まえて、最適なリハビリのプログラムを提案するのに長けた上司や先輩がいます。そんな尊敬できる上司や先輩に比べると、「自分はまだまだ未熟だ」と焦りを感じることもあります。でもそんな時は同僚たちが励ましてくれたり、それぞれの専門性を活かしてサポートしてくれたり、時にはその尊敬する上司や先輩たちが自分の担当する患者さんを一緒に診てくれたりします。少し行き詰まったりしても、お互いに助け合ったり、アドバイスをもらえたりする環境なので、安心して働くことができています。
 
 

交通アクセス

〒809-0018
福岡県 中間市 通谷1丁目36−1

■電車の場合
JR黒崎駅より筑豊電鉄通谷電停下車、徒歩5分
JR黒崎駅より車20分
JR折尾駅より車15分
■バスの場合
福岡市西鉄天神バスセンターより高速バス(香月・中間行)1時間、通谷団地口下車
JR中間駅より西鉄バス(61番・63番利用)通谷団地口下車
■車の場合
九州自動車道八幡インターより車15分
北九州都市高速道路 小嶺インターより車8分

お電話でのお問い合わせ

093-245-5501

事務部長 稲垣