先輩からのメッセージ

「地域に根ざした医療施設」
の実現を目指すために

ソーシャルワーカー 蛙田沙矢香 

2006年入職
有料老人ホームの立ち上げや高齢者介護施設などでの相談員業務を経験。
その後当院へ入職。ケアマネージャー資格保有。

新しい挑戦がしたい。だから転職を決意した。


 
ソーシャルワーカーとして、もっと相談業務での経験を積みたい。それが私の一番の転職理由でした。介護施設で相談員を務めてきましたが、介護施設の入居者や利用者の方から求められるものと、病院で怪我や病気の治療を受ける患者さんから求められるものでは役割の重要性や責任の重みが違うのだろう、と想像していました。
 医療の現場ならではのシビアな相談の内容もあるだろうけど、介護施設での相談員としての経験もきっと活かせるだろうと思い、新しい挑戦に一歩を踏み出しました。今はその後想像通り、経験を活かしたり、応用しながら、新しいことを一つずつ吸収していく毎日に、大きな刺激とやりがいを感じています。

 

患者さんに心を開いていただくことが大切。


 
当院でのソーシャルワーカーの仕事は、入院・通院に関する患者様からの相談の窓口になったり、各部署との調整・連携をしたりと、多岐にわたります。相談に訪れる患者さんの中には、基礎年金しか収入がなくて今後の治療に不安を抱えている、という方もいらっしゃいます。そんな人には話しづらいようなことも率直に話していただくようにするには、何より患者さんとの信頼関係の構築が大切です。
 まずは心を開いていただいて、そこから私たちができる範囲の解決策をご提案する。一人でも多くの患者さんから信頼をいただけるよう、当院では現在、ソーシャルワーカーは私ともう一人の二人体制になっています。

 

当院で働くからこそ感じられる喜びがある。


 
退院した患者さん本人やご家族の方から、感謝の言葉や心のこもった手紙をもらうことがあります。涙ながらに「あなたに会えてよかった」と、言葉をかけられたこともあります。そんな瞬間に遭遇できた時、「この仕事をやっていてよかった」と心から思います。そういった感謝される機会を増やし、「新中間病院にはソーシャルワーカーがいるから安心だ」と、地域の方々に感じてもらう。それこそが、「地域に根ざした医療施設」の実現に向けた一番の近道だと私は信じています。
 私たちへの信頼を、自分たちが関わった患者さんからそのお子さん、お孫さんまでつないでいく。「地域に根ざした医療施設」を目指す当院でソーシャルワーカーとして働くからこそ感じられる喜びがある、と私は思います。

 

一緒に長く働き、当院の「価値」を高めてほしい。


 
この地域の方々が、この地域でずっと安心して生活できるように、当院が担うべきことやできることはまだまだたくさんある、と思っています。そのためにも院内の部署間の連携や、地域のクリニックとの連携をもっと密にすることが必要だと感じています。そこでソーシャルワーカーに求められるのは、「長く働くこと」だと私は思っています。
 当院で長く働き、地域の人たちとの関係を密にして、信頼を得る。働く中で結婚・出産を経験いたしました。産休も育休も安心して取らせてもらえたから、長く働けているし、現在までの信頼を獲得できたと思っています。これから入職される方にもぜひ、当院の長く働ける環境をフル活用していただきながら、地域における当院の「価値」を一緒に高めてほしいと思っています。

交通アクセス

〒809-0018
福岡県 中間市 通谷1丁目36−1

■電車の場合
JR黒崎駅より筑豊電鉄通谷電停下車、徒歩5分
JR黒崎駅より車20分
JR折尾駅より車15分
■バスの場合
福岡市西鉄天神バスセンターより高速バス(香月・中間行)1時間、通谷団地口下車
JR中間駅より西鉄バス(61番・63番利用)通谷団地口下車
■車の場合
九州自動車道八幡インターより車15分
北九州都市高速道路 小嶺インターより車8分

お電話でのお問い合わせ

093-245-5501

事務部長 稲垣